貝塚市・岸和田市・熊取町・泉佐野市の上田ピアノ教室

上田ピアノ教室

正しい指の形で弾く

      2018/04/27

【上田ピアノ教室】では、ピアノレッスン・スタートの段階から、正しい指の形で弾けるように指導させて頂いてます。

以前のblogでも書きましたが、初歩の低年齢のお子さんに、正しい指の形で弾けるように指導するのはとても根気がいります。

そして、それは日々の練習を見てくださっているお母様も根気がいるし、お子様自身もとても根気のいることです。

でも、最初にそれを怠ってしまって変な癖がついてしまうと、それを直すのに数倍の労力がかかってしまいます。

とにかく『バーナム 導入書』に入るまでには、きちんとした手のフォームで弾けるようにしておきたいと思ってレッスンを行っております。

そして、『バーナム』に入ってからはとにかくテクニック重視のレッスンなのです

今日のレッスンだった年中さんの男の子。。。

『バーナム 導入書』グループ1・4番『ジャンプしよう』でした。

年中さん・4歳の子にとっては、最後の両手で三和音のスタッカートはとても難しい!!

これこそ、きちんと丸く指のはしっこで弾けていないと、キレイに和音をつかむことができません。

それを4歳の男の子君!

こんなにきちんと弾けているのです

そして、次に

小1のお兄ちゃんはというと。。。

今日の『バーナム』の課題の1曲はコレ↓『走ろう』

16分音符で2回レガート → 2回スタッカートで弾いて頂きます。

これも、やはり小学校1年生で、レガートは弾けても16分音符のスタッカートの連続は指の形が良くないと絶対に弾けるわけがありませんよね!

この動画も撮らせて頂いたのですが、ちょっと不具合で音が出ない動画になってしまっていたので、お写真だけupさせて頂きますね。

そして当教室では『バーナム』は、ミュージックデータの伴奏に合わせて弾いて頂いてます。

16分音符をゆっくりのテンポで弾けていたとしても、それはあまり意味がありませんから。。。

正しい指の形で、最初から最後まで正しいテンポで弾けるということが大切ですね!

このように、『バーナム』等のテクニックの練習に入ると、指の形がきちんとできていないと絶対に弾けませんので、最初の段階から正しい指の形で弾けるようにしていきたいものです。

小さい生徒ちゃん達!頑張って~

今日のblogの『指の形』のモデルになってくれたのは、Y君(年中)& E君(小1)兄弟でした。

ありがとうね~(o^^o)

 - ピアノ&レッスン , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

発表会のプログラムが届きました!

今、発表会のプログラムが届きました~☆ でもあえて写真はupしません。。。(^^ …

三木楽器さんと山田耕筰先生

先日、百花ちゃんと知夏ちゃんが、三木楽器さんの開成館にて『山田耕筰先生を偲ぶ演奏 …

Mちゃん(小1)・テキスト合格おめでとう~!!

小1のMちゃんが今日のレッスンで見事『ぴあのどりーむ 4巻』を終了しました!! …

発表会までカウントダウンです!

いよいよです。。。 今週のレッスンも木曜日までやってきて、ちょっと心配な子もいま …

Mちゃんのピアノ体験レッスン

今日は、年長さんのSちゃんからのご紹介で、幼稚園で同じクラスのMちゃんが体験レッ …

ご入学おめでとうございます!

昨日(7日)は貝塚市や熊取町の小・中学校で、そして6日には泉佐野市の小学校の入学 …

年少さん絶好調!

発表会が終わり、また普段のテキストに戻ったわけですが 「前より簡単に思える~♫」 …

3月前半のテキスト合格&今週の50曲合格達成!

今日は、3月前半のテキスト合格のつかさちゃん・えいと君・ゆづきちゃんの3人と、今 …

幼児における音楽教育の重要性

最近、ホームページを見て頂き、お問い合わせのお電話をよく頂戴します。 そしていろ …

ピアノレッスンはお休みですが…

今週はピアノレッスンはお休みですが、【夏休み・上田ピアノ教室♫素読ラリー】の中間 …