貝塚市・岸和田市・熊取町・泉佐野市の上田ピアノ教室

上田ピアノ教室

音楽と脳の関わり

      2015/05/17

先日、3日連続で書かせて頂いた『右脳開発』シリーズが、先週レッスンに来て下さったお母様方から思わぬ反響を頂き、自分でも驚きました。

それで、もう一点だけ書きたかったのですが、あまりにも「しつこい」と思われても・・・と思って3日で打ち切ったのですが、今日は『音楽と脳の関わり』について書かせて頂きたいと思います。

上田ピアノ教室・ホームページの『絶対音感』の本文中に、「アインシュタインファクターという本で絶対音感が身につくとIQが永続的に10ポイント高くなる書かれています。」と記していますが、この『超右脳革命』にも絶対音感について書かれていますので、その部分を含めて以下に書かせて頂きます。

「芸術の脳」「超右脳革命」より

音感には絶対音感と相対音感があり、絶対音感は右脳で、相対音感は左脳です。

しかもこの絶対音感は6歳以前に、早期音感教育で引き出しておかないと身につかないというのが定説です。

6歳を過ぎると、もう聴覚は固まってしまいます。

しかし、6歳以前の幼児なら誰でも持っているこの能力を引き出すか引き出さないか、宝の持ちぐされにするかしないかは親の責任というわけです。

ただここで申しておかなければならないのが、音楽の上達は右脳の働きだけではないという事です。

たとえ音感的に優れている人達でも、自分の演奏、出す音を相対的、分析的に聴かないと良い演奏をする事ができません。

これは左脳の働きによるものなのです。ですから、左脳の働きも大いにモノをいっており、音楽的才能は右脳と左脳の共同作業がないと花開かないという事です。

右脳を開くには、幼児期のうちに・・・という事もあり、先日の3日間は右脳の話に終始しましたが、やはりバランスが大切という事もご理解頂きたいのです。

ずっと教室に通って下さっている生徒さん達は、私が常々「ピアノの練習は、右脳と左脳の両方からしないといけない。」とお伝えしている事はご理解頂いてると思いますが、新しく入って下さった生徒さん達もいらっしゃいますので、ここでもう1度再確認して頂きたいのです。

ですから、上田ピアノ教室のレッスンは、ピアノを弾く際は、いちいち頭の中で音に変換せずに、模様読みで手が音符と同じ方向に動いていく右脳弾き、そしてワークブックで音の読み書きをして左脳への裏付けをしていくという方法で進めています。

【上田ピアノ教室】は、右脳と左脳をバランス良く働かせ潜在能力を眠らせてしまう事なく、十分に能力を発揮できるように導くレッスンを常に心がけております。

 - 能力開発&子育て , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

成人の日に振り返って想うこと

新成人の皆様、本日はおめでとうございます。 今日は寒い成人の日になりましたね。。 …

♪ ピアノ上達の秘訣 Part2♪

今日は『ピアノ上達の秘訣~Part2~』を提案してみたいと思います。 『ピアノ上 …

夏休み中の「朝習慣」

皆さん!『朝イチピアノ』は実行してますか~? それから、朝の学習習慣もしっかり定 …

小学生の能力開発

前回【幼児期の能力開発】というテーマで書かせていただきましたが、では小学生になる …

「うまくいく人だけが知っている!」

昨日からご紹介している雑誌に、またまた魅力的なタイトルが! 「うまくいく人だけが …

夏休み特別企画・右脳を育てる素読ラリー

夏休みイベント第2弾!! 『ピアノ練習シート』に続きまして、右脳を育てる『素読ラ …

いよいよ夏休みですね!

いよいよ夏休みに突入しましたね! そこで、まず夏休みの過ごし方をご家庭で考えてみ …

こどもは音楽で育つ

木曜日、三木楽器さんにピアノの楽譜を買いに行った際に、興味深い音楽雑誌を見つけた …

右脳開発 ~Part 3~

『右脳開発』の重要性について2日間お話してきましたが、今日はいよいよ最終日。。。 …

【上田ピアノ教室】~『素読』Mちゃんの動画~

 【上田ピアノ教室】では夏休み特別企画で、右脳トレーニングとして『素読ラリー』を …