貝塚市・岸和田市・熊取町・泉佐野市の上田ピアノ教室

上田ピアノ教室

右脳開発 ~Part 2~

      2012/10/29

上田ピアノ教室の指導の根底にある『右脳開発』、これは能力開発とイコールと考えるわけですが、その重要性を昨日に引き続き書いてみたいと思います。

基礎学力の重要性 『超右脳革命』より

親が右脳教育に目覚め、幼児期にしっかりした基礎学力を身につけさせていれば、子どもは新幹線授業の中でも塾にも行かず、家庭教師もつけず、自学自習の習慣を身につけ、余った時間をスポーツをしたりコンサートに行ったりして過ごすことができます。余裕の学校生活です。

子どもの素質は、0~6歳の間の教育次第で決まると言われます。生まれたばかりの赤ちゃんの時は、誰でもすばらしく伸びる可能性を持ち、一日わずか30分のお遊びのような取り組みで、幼児の学力はグングン伸びていきます。

それも赤ちゃんに近い時期に始めるほど効果的です。ところがお母さんの中には、「勉強なんて小学校に上がってからやればいい」という考え方の人がいます。これは危険な考え方です。

ただ遊ばせて放っておくと、入学の時点ではすでに、文字を覚えるのが難しい、算数を理解するのが難しい、という頭に変わってしまいます。学校についていけなくなる原因は、幼児期から始まっているのです。ですから、幼児期に高い素質を育てておくという事がとても重要になるのです。

私もホームページ『2・3歳児導入コース』『幼児総合コース』の本文中にも書かせて頂いておりますが、やはりピアノでも勉強でも、「できる子」とそうでない子の違いは、的確な学習の機会が与えられたかそうでないかの違いが大きいと思います。

『赤ちゃんに近い時期に始めるほど効果的』とありますが、それだからこそ『2・3歳児導入コース』や『幼児総合コース』で重要性をお伝えしたいのです。お子様の右脳を開いてあげる事こそが、お子様への最大のプレゼントになるのではないでしょうか。。。 右脳開発をする事によって、将来的にピアノにしても勉強にしても飛躍的に伸びていく事ができるようになるのです。そして、短時間で効率良く結果を出す事が出来るという事ですね!

右脳教育は子どもの心を育て、そして高い能力を得る事のできる、とても重要な役割を果たすという事を認識して頂きたいなァ・・・と私は思います。 

明日は右脳と左脳の能力の違いについて書きたいと思います。そしたら、どうして右脳開発が大切かという事をよりご理解頂けるかと思います。

『右脳開発』については、とりあえず明日で終結したいと思います!!。。。(*^^*) /~~~

 - 能力開発&子育て ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『幼児からピアノを習うと頭が良くなる!』って本当?

『幼児からピアノを習うと頭が良くなる!』といわれていますが、それって本当ですか? …

夏休みの最初に思うこと。。。

今年の夏休みは、台風騒動から始まりそして三連休!! みなさんはこの三連休はどのよ …

Yちゃん(小1)のお母様より嬉しいご報告を頂きました!

小1のYちゃんのお母様から、とっても嬉しいご報告を頂きました。 夏休み前に、昨年 …

成人の日に振り返って想うこと

新成人の皆様、本日はおめでとうございます。 今日は寒い成人の日になりましたね。。 …

右脳を育てる素読にチャレンジ!

以前から『右脳』を開く事の重要性をブログでもよく書かせて頂いています。 ピアノを …

小学生の能力開発

前回【幼児期の能力開発】というテーマで書かせていただきましたが、では小学生になる …

集中力と持続力

先日、目にとまった雑誌に興味深い記事がありました。 その中に「学習における達成力 …

『魔法の言葉大作戦』を再確認!のススメ

冬休みも残りわずかとなり、昨日のブログでも『もうそろそろお正月気分を切り替えて規 …

「うまくいく人だけが知っている!」

昨日からご紹介している雑誌に、またまた魅力的なタイトルが! 「うまくいく人だけが …

家庭力

今日、古い書籍を整理していたら、多分息子が小学生ぐらいの頃だと思うのですが、昔読 …