貝塚市・岸和田市・熊取町・泉佐野市の上田ピアノ教室

上田ピアノ教室

幼児期の能力開発について

      2015/05/18

【上田ピアノ教室】でピアノを習っていると頭も良くなる。。。といったお声をよく頂戴します。

それは、どうしてでしょうか?

私は子供を育てていく中で沢山の本を読み、そして脳のメカニズムを勉強してきました。

試行錯誤を繰り返しながら、やみくもに勉強しなくても、そして涙、涙の必死の練習をしなくてもピアノが上達する・・・ そのノウハウが分かってきたのです。

幼児期の能力開発

今日は少し『幼児期の能力開発』について書いてみたいと思います。

人間の脳は『幼児期』に最もよく成長し、六歳までに大人の脳の90%までになるといわれています。

それゆえに、この時期に刺激を与えて幼児脳を鍛えることがとても重要になってくるのです。

刺激(教育)によって幼児の脳は飛躍的に発達していきますが、刺激のない脳のある部分は自然に消滅されていくといわれています。

ですから、この時期に子供の興味や関心を育てる、沢山の「体験」や「学習」をさせてあげる、色々な「刺激(教育)」を与えてあげることが非常に重要になってくるのです。

また様々な発達には、「臨界期」というものがあります。

臨界期とは、言語(0歳~9歳)・ 運動能力(0歳~9歳)・ 数学的に能力(1歳~4歳)・ 絶対音感(0歳~6歳)といわれています。

この臨界期に、適切な刺激を与え、脳が記憶をしておけば、その後そんなに苦労しなくても、様々な学習がごく自然に習得できるようになります。

つまり間の脳は、その能力を学習できる適切な時期があり、それを逃すといくら努力しても限界があるということなのです。

これが『幼児教育』が重要な理由で、適切な時期に適切な刺激を、適切な方法で、様々な刺激を与えていくことが必要だということです。

同じ結果を残すのにかかる時間や労力が、人によってあまりにも違いますよね。。。

その違いは、よく言われるのが「能力の違い」なのですが、その「能力の違い」を作ってしまうのが『幼児期』ということになるのかもしれませんね。。。

 

 - ピアノ&レッスン, 能力開発&子育て , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

聴音

昨日レッスンだったCちゃん。。。 そう!Cちゃんといえば前回のブログで、お母様か …

D君、ピアノ&絶対音感頑張ってます

年長さんのD君、絶対音感もピアノもとっても頑張って下さっています。(*^^*) …

オペラ『魔笛』に行って来ました♪

今日は、私の学生時代からの恩師・多田佳世子先生が主催されている、和歌山市民オペラ …

お手紙有難うございます

先週は今年のレッスンがスタートの週だったということもあって、何人かの方がお手紙を …

小学生の能力開発

前回【幼児期の能力開発】というテーマで書かせていただきましたが、では小学生になる …

中学ご入学&幼稚園ご入園おめでとう!

昨日(7日)の午後は貝塚市内の中学校で入学式があり、Cちゃんが貝塚市立第二中学校 …

発表会まで最終週になりました!

皆さん、いよいよ発表会までの最終週になりましたね〜♪(o^^o) リハーサルでは …

あこちゃん・テキスト合格!あいなちゃん&ひよりちゃん・50曲合格!

今日のレッスンで、小1のあこちゃんが『ピアノの練習ABC』を合格されました❣️ …

嬉しい出来事!

とっても嬉しい出来事がありました。(*^^*) 昨日、【上田ピアノ教室・ホームペ …

Wちゃんのレッスン

今日、Wちゃんのレッスンがありました。 いよいよ「ぴあのどりーむ4」も大詰めです …